1. おすすめカードローンの厳選比較ランキング【2018年最新版】
  2. おまとめローン
  3. おまとめローン審査がどこも通らない!ポイントを抑えて審査を通す

おまとめローン審査がどこも通らない!ポイントを抑えて審査を通す

おまとめローン
この記事は約 7 分で読めます。 431 Views

おまとめローン審査が通らない!そんな時はこのポイントを抑えよう

おまとめローンは通常のカードローンやキャッシングと比較して審査が厳しくなるので、申し込みをしたからと言って誰でも利用できるものではありません。中には「おまとめローンを利用したいけれどどこも通らない」という人もいます。

しかし、全く審査に通らないという事はありませんし、審査を通すためにはポイントを押さえておく必要があります。

そこで、おまとめローンの審査に通りやすくするためのポイントを紹介したいと思いますので「おまとめローンの申し込みをしても、どこも通らない」と言う人は参考にしてください。
 

おまとめローンの審査が厳しい理由

一般のカードローンと比べて、おまとめローンの厳しいと言われています。その理由は以下です。
 

おまとめローンの申し込み者は多重債務者

おまとめローンを申し込む人は多重債務になっているからというのが理由のひとつですが、なぜおまとめローンの審査基準を厳しくする必要があるのでしょう。一般的に貸金業者は、借入件数が多いほど、その人の信用度を低く評価する傾向にあります。

たとえば新たな借り入れを申し込んだ時、30万円を5社から借り入れしている人と、1社の限度額が150万円の人が申し込みをした時、後者のほうが信用度は高く評価されます。

このように、1社で150万円の限度額が設定されている人は「150万円貸しても返済が出来る人」という、貸す側から見て信用度の高い人になります。1社からそれだけの信用を得ている事は、他社から見ても信用できる人物と判断されます。

一方、複数社から借り入れている場合は、1社の借入限度額が低いので、借入限度額の合計が同じであっても、信用についてはかなり低く評価されているという事になります。

もうひとつの理由は、現在の借入先へ返済するための金額が多くなる事です。

多額の融資をするには、それなりに高い信用度が必要になります。30万円を5社から借りている人の場合は150万円の融資額が必要ですし、50万円を4社で借りている場合は200万円と、おまとめに必要な金額は当然大きな貸付になります。

融資額が大きくなるということは、金額が大きくなっても返済できるという事が判断できなければ貸す事は出来ません。

そのため、勤務先や年収、役職などで判断しますが「よほど高いステータスでなければ、返済が続けられない」と判断するので、高額融資になるおまとめローンの審査を通す事は難しくなります。
 

おまとめは消費者金融の専用ローンだけ

これまでの銀行カードローンは総量規制に影響されない事から「おまとめに最適」とか「まとめるのなら銀行カードローン」と言うように多重債務を一本化する「おまとめ目的」で大々的に広告を出していました。

しかし、銀行はカードローンのこうした宣伝を積極的に行ってきた結果、多重債務者や「返済不能に陥りやすい人」が申込みに殺到してしまい、過剰貸付を行ったため自己破産者が増加したことが指摘されています。

銀行が過剰貸し付けを行っていたことから「銀行カードローンも、総量規制の対象にする必要があるのではないか」といった声が上がり始めました。

そういった問題に対して、銀行協会は「法律で縛るのではなく、自主規制で制限する」と言う方針をとったため、それぞれの銀行ではカードローンの審査をさらに厳しくし、融資限度額も年収の3分の1以内に制限するという銀行も出てきたので、銀行カードローンでまとめるという事は今後出来なくなります

一方消費者金融はこれまで通りおまとめ専用の「おまとめローン」が利用できます。

参照:おまとめローン審査が通りやすいところはどこ?おすすめはココだ!

「おまとめローン」は総量規制の対象外になっているので、すでに年収の3分の1近くまで借りている人や、年収の3分の1を超えていても申込が出来るので、借金を一本化したいと考えている多重債務の人は、大手消費者金融の「おまとめローン」で借り換える事をおすすめします。
 

「おまとめローン」の審査を通すためのポイント

おまとめローンで返済の負担を減らしたい、とか債務整理はしたくないという人も少なくありません。しかし、おまとめローンを申し込んだからと言って、誰でも借り換えが出来るわけではなく、少しでも審査に通る可能性を高めるための、重要なポイントがあります。

そこでおまとめローンの審査を通りやすくするためのポイントをまとめてみましたので、参考にしてください。
 

安定した収入があるか

「収入」については金額の多さだけでなく、その収入が「安定した継続性がある」という事が重要になります。貸す側としては「その人にどれくらいの返済能力があるか」と言う点を特に重視します。

お金を借りると、翌月から返済を続けていく事になりますが、どれくらい返済が出来るかはその人の収入で大きくかかわってきますが、重要なのは、返済するための収入が継続して入ってくるかという事です。

収入という項目は「勤務先」にも関係しますが、アルバイトやパート、自営業のように毎月の収入が安定しない人は、直近の数か月に収入がそれなりにあっても、翌月以降もそれが維持できるとは限りません。

ですから、返済を続けるという意味では収入の多さも重要ですが、何よりその収入が安定している方が優先されます。おまとめローンを考えている人は、転職などをせずに同じ勤務先で1年以上経過してから申し込む事がポイントです。もし転職を考えているのならおまとめローンの契約を済ませてから転職する必要があります。
 

就業形態と勤続年数

「勤続年数」も大きな要素で、勤続年数が長いということは、社会的にも評価されますし、簡単に会社を辞めることはない人と評価できるので、継続した収入がある人と判断できます。

「年収」の話にも関係してきますが、安定した就業形態という点もおまとめローンでは重要で、たとえば公務員や安定した上場企業に勤めている人なら、勤め先も安定していますし、支払い能力も高く評価されます。

勤め先の情報以外にも働き方も様々で、正社員以外にパートやアルバイト、派遣社員など、働き方も審査に影響します。

大企業の正社員という事であれば、何の問題もありませんが、パートやアルバイト、自営業の方は、高い評価が期待で来ません。

しかし、パートやアルバイト、自営業でも申し込みが出来るというところもあるので、就業形態に不安がある人は、それらの金融業者なら審査に通る可能性はあります。
 

借入総額より借入件数が重要

おまとめローンの目的は、複数の業者からの借金を1社に借り換えてまとめる事が目的です。おまとめローンでまとめた場合、融資額が大きくなるので、当然審査は厳しくなりますが、重要なのは借入総額より借り入れ件数で、借り入れ件数が4件以上になると審査に通らないと言われています。

おまとめローンの審査を受ける前に、何らかの方法で借入件数を減らしておく必要があります。借り入れ件数を減らす方法として、現在借りている所の借入残高が最も少ないところを完済するなど、何らかの方法で借入件数を4件以下に減らす必要があります。
 

事故情報が記載されていない事
「事故情報」とは「延滞」や「不払い」などを起こした場合、その情報が信用情報機関の個人情報に掲載されてしまいます。審査の時その情報を参照するので「この人は過去に金融事故を起こしている」ということがわかると、審査において大きなマイナスとなります。

また、そのトラブルの原因となった借金をすべて返済し終えていたとしても、一定期間は履歴が残っています。事故記録は、その事実があった時から約5年、場合によっては10年間その記録は消えません。本人にとっては既に過去の出来事でも、業者にとって金融事故があったという事はマイナス面での評価となります。

信用情報機関の個人情報に事故情報が記録されている場合は、その記録が消えるまでは申し込みをしても審査に通る可能性は薄いので、事故情報が消えるまで申し込みを控える必要があります。
 

まとめ

おまとめローンの審査を通すためにできる事は限られてしまいます。

例えば「勤続年数」や「事故情報」などの場合、時間が経過しないとどうする事も出来ませんし、収入や勤務先についても、個人の努力ではどうにもなりません。

そのためには、いきなりおまとめローンの申し込みをするのではなく、、審査を通すだけの状況になっているのかを把握したうえで、申し込みをしないと、同じ事の繰り返しになります。

焦って申し込みをすると、かえってまずい結果となる場合もあるので、慌てて申し込みをするのではなく、審査に通るような環境を作ってから申込む事が必要があります。

\ SNSでシェアしよう! /

おすすめカードローンの厳選比較ランキング【2018年最新版】の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめカードローンの厳選比較ランキング【2018年最新版】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

管理人

この人が書いた記事  記事一覧

  • アコムは有人店舗と無人店舗のどちらがいい?メリットとデメリットを紹介

  • アコムの金利は高いの?利息を安く抑えるコツも伝授

  • アコムがCMで伝えたい5つのメッセージとは?どうして永作博美さんなのか?

  • アコムの会員ログインでできることは?パスワードを忘れたらどうする?

関連記事

  • おまとめローンの審査は厳しい?審査を通りやすくするためのコツ

  • おまとめローンの審査に落ちた!再挑戦で成功させる6つのポイント

  • おまとめローンでまとめた後の再度借り入れは可能?

  • おまとめローン審査が通りやすいところはどこ?おすすめはココだ!

  • おまとめローンでまとまらない時の対処法とは?次に何をするべきか?

  • 返済を続けるのはもう無理!おまとめローンか債務整理どっちを選ぶ?