1. おすすめカードローンの厳選比較ランキング【2018年最新版】
  2. おまとめローン
  3. おまとめローンを断られた!申込先を変えればチャンスはある?

おまとめローンを断られた!申込先を変えればチャンスはある?

おまとめローン
この記事は約 8 分で読めます。 365 Views

おまとめローンを断られた時は、申込先を変えればおまとめできる?

多重債務の人が利用できる商品に「おまとめローン」があります。

「おまとめローン」は文字通り、複数ある借入件数をひとつにまとめるという商品で、多重債務の人にとって多くのメリットがあります。

しかし「おまとめローン」は一般カードローンと比べて審査が厳しくなるので、申し込みをしても、断られる人もいます。断られる原因は、自分の現在の現況がどうなっているのかを確認をせず、申し込んでいるところに大きな要因があります。

ではどうすればおまとめローンの審査基準を通すことが出来るのか、審査を通過するために役立つ情報を照会しますので参考にしてみてはどうでしょうか?
 

どこへ申込むが重要になる

おまとめローンは、債務整理と違って金融機関同士での借り換えなので、信用情報に事故情報として記載される事はありません。しかし、どこへ申し込みをしてもよいかというとそうではなく、どこへ申し込みをするかによって審査に通りやすいところと厳しいところがあるので、まずは申し込み先をどこにするかを決める必要があります。
 

おまとめローンでひとつにまとめる方法は

  1. 消費者金融のおまとめローンを利用する
  2. 銀行のおまとめローンを利用する
  3. 銀行のカードローンでまとめる

というように3つのまとめ方があります。

 

銀行のおまとめローンを利用する

銀行カードローンはおまとめ専用の商品ではありませんが、低金利で高限度額な銀行カードローンは事業資金以外での利用なら何に使っても良いので、多重債務者にとっておまとめや借り換えに最適のローン商品でした。

銀行側もカードローンを「おまとめや借り換え利用に最適」と大々的に宣伝をしていたので、多重債務者の需要と銀行の供給が一致したことから、銀行カードローン=おまとめローンとして人気を博しました。銀行カードローンは総量規制の対象外になるので、年収による制限は受けません

そこで多額の限度額まで収入証明書類を不要で申し込みが出来たり、返済能力に疑問がある人にも貸し付けたり、やがて返済が出来なくなった多重債務者が自己破産をしたりという事例が増えたため、金融庁は銀行カードローンの過剰融資の実態を調査しました。

また、銀行カードローンでおまとめに利用することにも批判が集まりました。たとえば、消費者金融で借りた100万円の借金を銀行カードローンで一本化した場合、貸金業法に引っかかる借り入れは完済するので消滅します。借入残高が0(ゼロ)になれば再び消費者金融から借り入れができてしまう事になります。

このような批判を受けたことから銀行は自主規制を強化し、おまとめローンの審査は非常に厳しくなりました。現在では銀行カードローンをおまとめ利用する事は、審査落ちの履歴を作るだけになってしまうのでおすすめ出来ません。

参照:なぜ銀行カードローンの審査は厳しいのか?
 

銀行のカードローンでまとめる

銀行のおまとめローンと言えば東京スター銀行の「スターワンバンクローン」がよく知られています。以前は各銀行でもおまとめ専用ローンを扱っていましたが、カードローンで代用されることが増えたため、今では東京スター銀行だけがおまとめ専用ローンとして残っています。

東京スター銀行のおまとめローンは一般のカードローンと違い、複数社への返済を東京スター銀行が行うので、後は東京スター銀行へ返済を続ける事になります。また消費者金融のおまとめローンは一度契約すると後は返済だけになりますが、「スターワンバンクローン」の場合は返済を続けて限度額に空きが出来ると、その空いた分だけ追加融資が可能というメリットがあります。

「おまとめローンでまとめたいけれど追加融資も受けたい」と言う人におすすめのおまとめローンです。

「スターワンバンクローン」はメリットばかりでなく、デメリットもあります。東京スター銀行のおまとめローンは審査が非常に厳しく、申し込み条件も年収200万円以上で正社員や派遣社員、契約社員という制限があるので、申込み条件から厳しいという事がうかがえます。

次に、返済期間は最大10年間となりますが、設定した範囲内で完済できなければ一括返済を要求されます。

このように銀行でおまとめをする事は、東京スター銀行も含め、非常に審査が厳しい時代に入ったと言えます。
 

消費者金融のおまとめローンを利用する

消費者金融は総量規制で融資制限があるので年収の3分の1以上は融資できない事になっています。しかし、おまとめローンは総量規制の「例外」にあたる「顧客に一方的に有利になる借り換え」になるため、年収の3分の1以上でも借りることができます

銀行のカードローン審査が厳しくなり、申し込みをしてもなかなか融資が受けられない状況になってしまい、にわかに注目を集め始めたのが消費者金融のおまとめローンです。

これまでは、銀行カードローンに顧客を奪われてきた消費者金融ですが、おまとめ目的で銀行に流れるはず顧客に対して積極的に働きかけています。こういった背景から元々銀行よりも審査に通りやすかった消費者金融のおまとめローンがさらに積極に融資をするようになっています。

消費者金融のおまとめローンで融資が可能になると、申込者に変わって他社の借り入れを代理返済します。後は申込者が、おまとめ先の消費者金融へ完済するまで返済を続けるという流れになります。

消費者金融のおまとめローンは、審査に通りやすいということが一番大きなメリットになります。おまとめローンでまとめられれば、多重債務から抜け出すことが出来るので、まずおまとめローンの審査に通過することを最優先で考える必要があります。
 

おまとめローンの審査を通すポイント

消費者金融のおまとめローンは審査が通りやすいと言っても、一般カードローンの審査に比べて厳しくなります

「申し込みをしたけど断られてしまった」とならない為にも事前におおまかな審査基準は頭に入れておくことがポイントです。
 

年収は多い少ないだけでなく安定していることが重要

審査で重要になるのは、毎月の返済するための収入が継続して入ってくるかという事です。就業形態がアルバイトやパートというような比較的低い年収の人であっても、収入が安定していれば申込が出来ます

ですから、当然収入の多さも重要になりますが、何よりも安定している方が優先されるので、おまとめローンを考えている人は、同じ勤務先で1年以上経過してから申し込めば審査は通りやすくなります。

就業形態と勤続年数

「年収」の話にも関係するのですが、どれだけ安定した就業形態であるかという点もおまとめローンでは重要になります。公務員や安定した上場企業に勤めている人なら、支払い能力もあると高く評価されます。

また、「勤続年数」も大きな要素となります。勤続年数が長いということは、それだけ簡単に会社を辞めることはない人であると評価できるので、継続的な支払い能力があると判断されます。

勤め先の情報以外にも働き方も様々で、正社員以外にパートやアルバイト、自営業やフリーランスといった働き方も審査に影響します。ただ、おまとめローンの申込先にはパートやアルバイト、自営業の方でも申し込みが出来るというところもあるので、就業形態に不安がある人は、それらの金融業者へ申込む事をおすすめします。

借入件数が多い時は、申込前に減らしておく

おまとめローンは、複数の業者からの借り入れ1つにまとめることが目的ですが、まとめた金額が大きくなればそれだけ毎月の支払金額も多くなるので、返済に必要な金額が大きいほど、審査は厳しくなります。

借り入れ総額を減らす事はなかなか難しいですが、借り入れ件数を少なくすることは可能です。借り入れ件数が多い場合は、現在借りている所の借入残高が最も少ないところを完済するなど、何らかの方法で借入件数を減らし解約する努力をしなければなりません。

目安としては借入件数を3件以下に抑える必要で、それらの返済でも延滞などをおこさずに続けていると、信用度が高くなります。おまとめローンの審査を受ける前に、借入残高の少ない業者の借り入れをすべて完済し、契約解除をして契約件数を減らしておけば、審査は通りやすくなります。

事故情報がある時は一定期間待ってから申し込む

「事故情報」とは過去に「延滞」や「不払い」などを起こしている場合、その情報が信用情報機関の個人情報に掲載されています。審査を受ける時、その情報を照会するので申込者が「過去に金融事故を起こしている」ということがわかると断られてしまいます。

そのトラブルの原因となった借金をすべて返済し終えていたとしても履歴は残ってしまい、約5年、場合によっては10年間その記録は消えません。本人にとっては既に過去の出来事でも、貸す側の立場で考えと信用情報機関に掲載されているという事実はマイナスの評価をします。

ちなみに、事故記録として扱われるのは、主に「3か月以上の延滞」「延滞の繰り返し」「不払い」「債務整理」の事を言います。これらの記載があると、その記録が消えるまでは申し込みをしても審査に通る可能性は薄いので、事故情報が消えるまで申し込みを控える必要があります。

 

まとめ

おまとめローンの審査で断られる理由として「勤続年数」や「事故情報」などが原因の場合は、時間が経過しないとどうする事も出来ません。

収入や勤務先についても、個人の努力ではどうする事も出来ません。

おまとめローンを申し込む時はいきなり申し込みをするのではなく、おまとめローンの審査基準をよく理解し、自分の現在の状況を把握したうえで、より確実に審査に通るような行動を続ける事が重要です。

しかし、どうしてもそれまで待てないという人は、中小消費者金融のおまとめローンを申し込むのもひとつの選択肢です。

中小消費者金融は大手で借りられなかった人を顧客対象としているので、大手で断られた人でもまとめられる可能性は高いです。申込先を大手だけでなく中小消費者金融まで広げれば、きっとまとめられるところが見つかるはずです。

\ SNSでシェアしよう! /

おすすめカードローンの厳選比較ランキング【2018年最新版】の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめカードローンの厳選比較ランキング【2018年最新版】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

管理人

この人が書いた記事  記事一覧

  • アコム即日融資で最短の方法とは?自動契約機(むじんくん)が近所になかったら?

  • アコムを完全に解約するための5つの注意事項

  • アコムのおまとめローンってどうなの?4つのメリットと3つのデメリット

  • アコムの在籍確認は必ずある?職場連絡なしで済ます方法は?

関連記事

  • おまとめローンで一本化!借入件数は何社までなら大丈夫?

  • おまとめローンは延滞中でも申し込み出来る?

  • おまとめローンが組めない時はどうする?ローンが組めない時の対処法

  • おまとめローンでまとめた後の再度借り入れは可能?

  • おまとめローンの審査は厳しい?審査を通りやすくするためのコツ

  • 返済を続けるのはもう無理!おまとめローンか債務整理どっちを選ぶ?