1. おすすめカードローンの厳選比較ランキング【2018年最新版】
  2. カードローンお役立ち情報
  3. 印鑑証明だけでローンやカードローンは借りられるのか?

印鑑証明だけでローンやカードローンは借りられるのか?

カードローンお役立ち情報
この記事は約 5 分で読めます。 241 Views

印鑑証明だけでローンは組めるのか?

お金を借りるローンを組む際には、本人確認書類が必要です。本人確認書類としてが運転免許証か健康保険証がポピュラーな存在で、この本人確認書類さえ用意すれば、ほとんどの場合ローンを利用することができます。

ただし、借り入れ金額が大きくなると所得証明書なども必要になります。

一方で変わったところとして印鑑証明によるローンがあります。印鑑証明のみで利用できるキャッシング業者は存在が稀で、あまり見かける事もありませんが、ローンを利用する際の知識として覚えておいても損はありません。

印鑑証明で申し込める業者はかなり希少

印鑑証明書で申し込める存在としては、みずほ銀行カードローン、セブン銀行カードローン、楽天銀行スーパーローン、ジャパンネット銀行ネットキャッシングの4社です。

みずほ銀行カードローンは、比較的利用しやすい都市銀行ですが、サービスが良いメリットがあります。例えば、借入金利上限が14%と低めに設定されており、借入限度額も余裕がありますし、利用限度額が200万円以下であれば所得証明書の提出も不要です。さらにみずほ銀行の口座を有し、キャッシュカードを保有していれば、そのカードを使って借入を行うことができます

一方で、セブン銀行カードローンでは、本人確認書類として印鑑証明書の他にも住民票や各種年金手帳などを認めているので、書類を用意するのが容易といったメリットがあります。

ただし、印鑑証明書による本人確認が行われても最終的に審査に通るかどうかはわかりません。このため印鑑証明でローンを組みたい場合には、印鑑証明書を本人確認書類と認めているところを選び、審査を受けたあとに印鑑証明書を本人確認書類として提出することで、ローンを利用することができます。

審査が心配な人にこそ

審査に通るかどうかのポイントは借入れた金額に対して、十分な返済能力があるかどうかです。このさいにハードルを下げる方法のひとつが、ローン限度額を下げるということです。限度額を最初から高い金額に設定していると審査に通りにくくなりますが、低く設定することで審査に通ることが可能です。

このさいに有利なのがセブン銀行カードローンで、この商品では限度額を10万円、30万円、50万円のコースから選ぶことができます。10万円のコースであればほとんどの人が利用することができるので、審査が心配な人は、まずは10万円コースを利用するのがポイントです。

特にローンでは必ず返済することが利用できる条件ですので、10万円コースで審査を受けて利用し延滞などを行わず信用力を高めることで、限度額の引き上げを狙うといった方法があります。増額できるタイミングとしては契約後2ヶ月と時間が掛かりますが、最初から50万円の限度額で申し込むよりも、10万円で申し込む方が審査に通る確率が高くなります。

また高額の借入を希望する場合には慎重審査となることがあり、印鑑証明で申し込みが行えないケースもあります。このため印鑑証明を使って申し込むのであれば収入に対して十分な余裕がある限度額で申し込むのがベターな方法です。

たかが3%でもバカに出来ない

お金を借りた場合には、必ず金利を支払わなければなりません。金利とは借りたお金に対する手数料のようなものであり、お金を貸す側にとっては重要な収入源です。銀行のカードローンであろうと消費者金融のキャッシングであろうと支払う必要があります。日本の法律では、年20%が上限となっており、利息制限法では10万円以上100万円以下は年18%、100万円以上は年15%が上限になっています。

このような関係から消費者金融では標準的な上限金利は年18%となっています。一方でセブン銀行カードローンなど銀行のカードローンでは年15%が上限となっています。この3%というのは小さな数字と思われがちですが、実際にはバカに出来ない存在です。金利はその性質上、借りている期間に対して掛かるものであり、長期間になればなるほど負担が大きくなります。

このため3%の差は10万円を借りている場合には、1年後にはその差は2000円以上になります。もちろん借入金額が大きくなればなるほどその差は広がっていくことになり、返済の負担が大きくなります。

ATM手数料が24時間365日無料

金利は3%でもバカに出来ない存在ですが、さらにバカにできない存在が手数料です。一般的に消費者金融にしても銀行にしてもカードを使って借入を行う場合にはATMを利用することになります。このさいに自社ATMは手数料が無料となるところがほとんどですが、提携ATMを利用した場合には手数料が発生します。

また自社ATMでも時間外では時間外手数料を取るところもあります。

ATM手数料の相場としては、1万円以下であれば108円、1万円超となれば216円になります。この金額はかなり大きく、10万円を金利3%で、1ヶ月借りた場合の金利に匹敵します。これが利用のたびに掛かるようでは、なかなか簡単にお金を借りようという気にはなれません。

一方でセブン銀行カードローンではATM手数料が24時間365日無料で利用することができます。さらに、借入単位が1000円からなので、自分の銀行口座からお金を必要なだけ引き出すといったことが可能です。

このため、印鑑証明書で使えるカードローンの中ではセブン銀行カードローンに強みがあります。

\ SNSでシェアしよう! /

おすすめカードローンの厳選比較ランキング【2018年最新版】の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめカードローンの厳選比較ランキング【2018年最新版】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

管理人

この人が書いた記事  記事一覧

  • アコムは有人店舗と無人店舗のどちらがいい?メリットとデメリットを紹介

  • アコムの金利は高いの?利息を安く抑えるコツも伝授

  • アコムがCMで伝えたい5つのメッセージとは?どうして永作博美さんなのか?

  • アコムの会員ログインでできることは?パスワードを忘れたらどうする?

関連記事

  • カードローンの金利と実質年率とは?

  • エム・ユー信用保証の審査基準

  • 個人事業主必見!自営業のカードローン審査のポイント

  • こんな人はカードローン審査に落ちる!審査担当者直撃!審査基準とは?

  • 携帯の支払いが遅れた場合カードローン審査に影響する?

  • カードローンのお試し審査は信じれる?