即日でお金を借りる事ができる業者選びで失敗しないために


お金が必要となる時には、その日のうちに借りなくてはいけないという場面もあります。そういった時に、即日お金を借りる事ができるローン会社がどういったところなのか、それを知らなければ利用する会社選びで迷ってしまうでしょう。

すぐにお金が必要という場合には、即日融資が可能な会社を見つけて利用しなくてはいけませんが、そういった時にどうやって会社選びをすればいいのでしょうか。

また、会社選びをする時には即日融資が可能かどうか以外に、どういったポイントに注目して会社選びをすると良いでしょうか。

利用してから後悔するのではなく、後悔しない会社選びをするためにもきちんとした会社選びのポイントを知っておきましょう。

即日融資が可能な会社を見つける時におすすめの手段がインターネットです。インターネットはスマホやパソコンなど、時間や場所を選ばずネット環境さえあれば利用できるので、ちょっとした時間を利用して会社探しをする事ができます。

さらにインターネットは全国から会社を探したり、複数の会社をランキングサイトで探すといった事も可能で、複数の会社を一度に比較する事も可能となっています。後悔しない会社選びのためには、それぞれの会社のサービスを比較して利用しやすい会社を見つける事が重要です。

そして即日融資が可能な会社選びのポイントとしては、やはりまず金利が挙げられます。基本的に即日融資が可能な会社の金利は高めに設定されていることが多く、その中からなるべく低い金利の会社を選んだ方が良いでしょう。

金利が高いと返済が負担になりやすく、返済が滞る原因にもなるので注意しておく必要があります。また、カードローンなどの場合は窓口や自動契約機があるかどうか、カード発行が郵送になっていないかの確認も重要です。

特にカード発行が郵送になっている場合、審査が通ってもカードが来るまでお金の借り入れができませんから注意しましょう。

即日融資が可能というだけで選んでしまうと、思わぬトラブルが起きる可能性もあるため、こういった会社選びのポイントを知っておくと便利です。

即日融資が可能な金融業者は増えてきており、特に消費者金融系の業者は審査も短くその日のうちに使える業者が多くなっています。それだけに、後悔しない会社選びをするための手段や選ぶ時のポイントを知っておく事は、とても重要です。

これから初めてお金の借り入れをするという方や、即日融資が可能な業者を利用したいが躊躇しているという方は、こういったポイントをしっかりと知ってから利用すると良いでしょう。

銀行にお金を借りる前に知っておきたい事

 

カードローンやキャッシングといったお金を借りる方法を探しているという場合に、銀行にお金を借りると金利などさまざまな面でメリットを得られます。

お金を借りる場合、消費者金融系にするか銀行系にするかを選ぶ必要があり、そのためにはどういったメリット・デメリットがあるのかを知っておいた方が重宝します。

利用する際にはメリットとデメリットを把握していないと、利用した後で返済が大きな負担になってしまったり、必要なタイミングで利用できなくなってしまう可能性もあります。

銀行を利用してお金を借りると、どういったメリットがあるのでしょうか。まず挙げたい大きなメリットとして、借り入れ限度額が高めに設定されているというものがあります。

事業主がお金を必要とする場合、どうしても大きな金額必要となる事が多いですから、限度額が低いと複数の業者から借りる事になって返済が大きな負担になってしまいます。

また、銀行系キャッシングは総量規制の対象外となっていますから、その人の年収の3分の1以上の金額であっても借りる事ができるという点もメリットです。

総量規制の対象外というのは銀行系ならではのメリットですから、一度に多額のお金を借りる必要があるという場合は銀行でお金を借りた方が便利となります。

また、銀行でお金を借りた場合は金利の低さもメリットになります。一度に高額のお金を借りやすくなっている分、金利が高くては返済しにくくなる可能性も考えられます。

銀行系キャッシングでは消費者金融系の金利が最大18%程度であるのに対し、最大でも15%ほどと低めに設定されています。もちろん業者によって金利に違いはありますが、基本的には消費者金融系の業者よりも低めの金利で借りる事が可能です。

複数の銀行系キャッシングを選ぶ時に、より金利の低いところを選ぶようにすると、高額のお金を借りた場合でも返済がしやすく重宝します。

一方でデメリットとして、審査に時間がかかる事と審査が厳しめであるという点が挙げられます。銀行系キャッシングの場合、審査にかかる時間が最長で1週間かかる場合もあり、急いでお金が欲しいという場合には向いていません。

また総量規制の対象外であり借り入れ限度額が高めに設定されている事から、借りる人に返済能力があるかどうかの審査が厳しめになっています。

基本的には収入が不安定であったり、勤続年数が少ない、他の業者で返済が滞ったり債務整理を行ったという情報がある場合は審査に通りません。

しかしこういった条件のある方は、通常の消費者金融系であっても審査に通らない場合もありますから、特別に厳しいという訳ではありません。ただ、やはり消費者金融系で審査に通らなかった場合は銀行系の審査に通るのは難しいでしょう。

消費者金融でお金を借りるのは当たり前?時代の変化をチェック!

 

ある一定以上の年代の方にとって、「消費者金融でお金を借りる」というのはリスクの大きい選択のように思えるかもしれません。

ただ、今の若い世代にとって消費者金融ははるかに身近な存在であり、むしろ「困った時に気軽に頼れる場所」という認識が広がっているようです。果たして、こうした意識の変化にはどのような背景があるのでしょうか。

確かに、2000年代前半までの日本では、消費者金融はきわめてマイナーな存在であり、金利が非常に高いということもあってダーティな世界として認識されていた部分があります。

時代は折しもバブル崩壊からの就職氷河期真っ只中。グレーゾーン金利という言葉が流行したこともあり、消費者金融はよりいっそう「ごくかぎられた人たちが利用すべき場所」として認知されることになりました。

その流れを一気に変えたのが2005年の貸金業法改正です。それ以前の貸金業法では金利の上限がもうけられておらず、結果として年利30%という法外な暴利を掲げる闇金が横行していましたが、法改正以降は上限金利がきびしく設定され、グレーゾーン金利についても取り締まりやすくなっていきました。

同時に、イメージのクリーンアップも進んでいきます。大手消費者金融はこぞってポップで親しみやすいテレビCMによってイメージの健全化をアピールし、業界そのものも「開かれた消費者金融」を強く意識するようになりました。

このような流れもあり、30代以下の若い世代にとっては消費者金融からお金を借りることに対する心理的ハードルはほとんどなくなり、学生ローンなどの利用者数も安定して増えつづけています。

ただ、消費者金融全体のイメージがどんなにクリーンになったところで、消費者金融がお金を借りる場所であることに変わりはありません。お金を借りた以上は、必ず返さなければなりません。まとまったお金を返済する場合、長期間にわたる綿密な計画が必要です。

良心的な消費者金融であれば金利を含めたトータルの返済プランについて、専門家の立場から具体的にアドバイスしてもらえますので、特に初めて消費者金融を利用する場合は忙しくても自動契約機を利用せず、店頭窓口から借入を申し込むようにしましょう。

時代が変わっても、借金がリスキーな行為であることに変わりはありません。

イメージが良くなったからといって安易に消費者金融を利用せず、収入の範囲内で生活する術はないか、消費者金融以外にお金を借りられるルートがあるのかなどを慎重に検討したうえで利用を開始しましょう。

クレジットカードのキャッシング利用枠とは

 

クレジットカードを利用する際に知っておきたい知識として、キャッシング利用枠というものがあります。これがいったいどういったものなのかを知らないと、クレジットカードでショッピングをする時などに上手くクレジットカードを利用する事ができるでしょう。

また、この枠がどういったものなのかを知っておくと、間違ってクレジットカードを紛失してしまった時のリスクを軽減する事にも繋がりますから、きちんとした知識を持っておく必要があります。

では、キャッシング枠とはいったいどういったものなのでしょうか。

カードローンには利用できる限度額が設定されており、その設定額はショッピング枠とキャッシング枠に分けられています。買い物で使う金額はショッピング枠、そしてお金を借りる場合にはキャッシング枠が利用されます。

そしてこの2つの枠は合わせて限度額として計算されますから、例えば限度額が30万円である場合、買い物で20万円まで利用した場合はキャッシングでは10万円までしか利用する事ができません。

そして基本的には買い物で利用するショッピング枠の方が優先されますから、買い物でクレジットカードを使いすぎてしまうと、いざという時にキャッシング枠で利用可能な金額が残っておらず、クレジットカードを使う事ができなくなってしまう場合もあります。

そしてこのキャッシング枠は無くしてしまう事も可能ですので、買い物にしかクレジットカードを使わない、借金が怖いので使いたくないという場合は無くしてしまう方が良いでしょう。また、この枠を無くしてしまう事でクレジットカードを紛失してしまった時のリスクを防ぐ事も期待できます。

キャッシング枠は不正利用されたとしても補償の対象外になってしまう事が多く、紛失した事に気付くのが遅れてしまうと、身に覚えのない借金を背負ってしまう危険があります。

枠を無くしてしまえばそもそも利用する事ができませんから、普段の生活で使う機会がないという場合は使えなくしてしまう方が安心して利用を続けることができるでしょう。

キャッシング枠とショッピング枠にはいくつか違いがあり、特に知っておきたいのは金利についてです。基本的に同じクレジットカードであったとしても、2つの枠の金利は違っていてショッピング枠の方が金利は低く設定されている場合が多いです。

また、返済方法にも違いがありショッピングは分割払いやボーナス払いをはじめ複数の返済方法を選べますが、キャッシング枠の場合はリボ払いなど一部の返済方法しか認められていない事が多くあります。